震源断面図を描く その1

今回は震源断面図を描いてみよう。
ちょっと難しいです。

目標

今回は簡単な東西の震源断面図を描いてみます。

具体的には、地図内で発生した全ての地震を断面図に描きます。
(たとえば、任意の線を引いて地震を絞る…とかはしません。次にやります。)

方針

  1. 震源データを用意する
  2. 震源分布図を描く
  3. 震源断面図を描く

震源データを用意する

今回は2019年に四国沖で発生した地震を使用する。

具体的には、

ここらへん。


今回は気象庁一元化震源データを使用した。

地震データはこちらから。

震源分布図を描く

これは簡単だと思います。

#!/bin/bash
gmt begin foo png
    gmt basemap -JM12 -R132/135/32/34 -Bafg -BWSNE
    gmt makecpt -Cgeo -T-8000/8000/200 -Z
    gmt grdcut @earth_relief_03s -R132/135/32/34 -Gdem.nc
    gmt grdgradient dem.nc -Ggrad.grd -A45 -Ne0.8
    gmt grdimage dem.nc -Igrad.grd -C
    gmt coast -Df -W0.25 -LJBR+jTR+o0/1+c31+w200+f
    gmt plot hypo.txt -Sc0.1 -C -W0.25
    gmt colorbar -DJBR+o2/0+w-5/0.2 -Baf
gmt end

この結果が、

となる。

この断面図を描いてみよう。

震源断面図を描く

まず、震源断面図のみを描いてみよう。
横軸は経度、縦軸には深さを取る。深さは下に正を取ることに注意して、

#!/bin/bash
gmt begin danmen png
    gmt basemap -JX12/-12 -R132/135/0/100 -Bxafg+l"longitude" -Byafg+l"depth" -BWSne
    gmt makecpt -Cseis -T0/100/1 -Z
    awk '{print $1,$3,$3}' hypo.txt | gmt plot -Sc0.1 -W0.01 -C
    gmt colorbar -DJBR+jBL+o2/0+w-5/0.2 -Baf
gmt end

とすると、

となる。

最後にこの2枚の図を合体させればよい。震源分布図を -Yを用いて紙面の上の方に描くようにすること。
(こっそり地図のスケールを変更しました)

#!/bin/bash
gmt begin foo png
    gmt basemap -JM12 -R132/135/32/34 -Bafg -BWSNE -Y60
    gmt makecpt -Cgeo -T-8000/8000/200 -Z
    gmt grdcut @earth_relief_01s -R132/135/32/34 -Gdem.nc
    gmt grdgradient dem.nc -Ggrad.grd -A45 -Ne0.8
    gmt grdimage dem.nc -Igrad.grd -C
    gmt coast -Df -W0.25 -LJBR+jTR+o0/1+c31+w100+f
    gmt makecpt -Cseis -T0/100/1 -Z
    gmt plot hypo.txt -Sc0.1 -C -W0.25 -:
    gmt colorbar -DJBR+jBL+o2/0+w-5/0.2 -Baf
    gmt basemap -JX12/-12 -R132/135/0/100 -Bxafg+l"longitude" -Byafg+l"depth" -BWSne -Y-15
    awk '{print $1,$3,$3}' hypo.txt | gmt plot -Sc0.1 -W0.01 -C
    gmt colorbar -DJBR+jBL+o2/0+w-5/0.2 -Baf
gmt end

この結果が、

となる。フィリピン海プレートが沈み込んでいるのが若干見える。


今回描いた断面図はいわゆる東西断面図ですが、南北断面図も描くことができます。
それは次の時にでも説明します。

今回はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました