震源分布図を描く その1

今日は実践的なことをしてみよう。

気象庁 | 著作権・リンク・個人情報保護について
気象庁ホームページの著作権・リンク・個人情報保護についてのページです

★ 気象庁ホームページで公開している数値データ、簡単な表・グラフ等は著作権の対象ではありませんので、これらについては自由に利用できます。

というわけで、ここから2020年8月31日に発生した震源リストを持ってきて震源分布図を描いてみよう。

気象庁のデータは度分秒表記なので、度のみの表記に直したものを次ページに載せました。
コピペして hypo.txt という名前で保存してください。

地図の枠を描く

地図の枠を描くにはbasemapを用いる。
日本を描きたければ -R120/150/20/50 くらいが丁度いい。

#!/bin/bash
gmt begin hypo png
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
gmt end

海岸線を描く

海岸線を描くにはcoastを用いる。

#!/bin/bash
gmt begin hypo png
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt coast -Df -W0.25 -LJBR+jTR+o0/1+c20+w500+f
gmt end

カラーパレットを作る

深さ別に色を付けたいのでカラーパレットを作成する。
カラーパレットを作成するにはmakecptを用いる。

※ 今回のカラーパレットはseisをベースとする。震源の深さは200kmくらいまで取ればいいでしょう。

#!/bin/bash
gmt begin hypo png
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt coast -Df -W0.25 -LJBR+jTR+o0/1+c20+w500+f
    gmt makecpt -Cseis -T0/200/1 -Z
gmt end

震源を描画する

震源を描画するにはplotを用いる。円はSc

※ データは「経度・緯度・深さ・マグニチュード*0.1」にしたいので、awk で並べ替える。

#!/bin/bash
gmt begin hypo png
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt coast -Df -W0.25 -LJBR+jTR+o0/1+c20+w500+f
    gmt makecpt -Cseis -T0/200/1 -Z
    awk '{print $2,$1,$3,$4*0.1}' "hypo.txt" | gmt plot -Sc -W0.25 -C
gmt end

カラースケールを描く

カラースケールを描くにはcolorbarを用いる。
今回は高さ5cm、幅0.2cmとした。0が上になることに注意!

#!/bin/bash
gmt begin hypo png
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt coast -Df -W0.25 -LJBR+jTR+o0/1+c20+w500+f
    gmt makecpt -Cseis -T0/200/1 -Z
    awk '{print $2,$1,$3,$4*0.1}' "hypo.txt" | gmt plot -Sc -W0.25 -C
    gmt colorbar -DJBR+jBL+o2/0+w-5/0.2 -C -Baf+l"depth"
gmt end

これで一通り完成。
深発地震が発生しているので、makecpt の所で -T0/400/1 くらいにしてもよかったかも。

DEMを描く(発展)

説明は省略。

#!/bin/bash
gmt begin hypo png
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt makecpt -Cgeo -T-8000/8000/200 -Z
    gmt grdcut @earth_relief_15s -R120/150/20/50 -Gdem.nc
    gmt grdgradient dem.nc -Ggrad.grd -A45 -Ne0.8
    gmt grdimage dem.nc -Igrad.grd -C
    gmt coast -Df -W0.25 -LJBR+jTR+o0/1+c20+w500+f
    gmt makecpt -Cseis -T0/200/1 -Z
    awk '{print $2,$1,$3,$4*0.1}' "hypo.txt" | gmt plot -Sc -W0.25 -C
    gmt colorbar -DJBR+jBL+o2/0+w-5/0.2 -C -Baf+l"depth"
gmt end

コメント

タイトルとURLをコピーしました