位置コードについて

gmt colorbargmt legend などを使うとき、「-Dx とか -Dg はまだ分かるが -Dj とか -DJ って何やねん!」と思うことがありませんか?
私は何度もあります。

位置コード

位置コードは2つのアルファベットの組み合わせによって表現します。

  1. タテ
    T(op)
    M(iddle)
    B(ottom)

  2. ヨコ
    L(eft)
    C(enter)
    R(ight)

右下ならBR、中央ならMCです。

Dj / DJの基本

  • -Dj : 図の内側に描画する
  • -DJ : 図の外側に描画する

ここまでは何となくわかってください。

  • Dj の場合
#!/bin/bash
gmt begin legend jpg
    gmt set GMT_VERBOSE = long
    gmt basemap -JX12 -R0/100/0/100 -Bafg -BWSne
    gmt plot -W0.25,Red -l"hogehoge" << END
10 10
70 70
END
    gmt plot -W0.25,blue -l"fugafuga" << END
70 90
40 30
END
    gmt legend -DjBR
gmt end

この結果は、

となる。

  • DJ の場合
#!/bin/bash
gmt begin legend jpg
    gmt set GMT_VERBOSE = long
    gmt basemap -JX12 -R0/100/0/100 -Bafg -BWSne
    gmt plot -W0.25,Red -l"hogehoge" << END
10 10
70 70
END
    gmt plot -W0.25,blue -l"fugafuga" << END
70 90
40 30
END
    gmt legend -DJBR
gmt end

この結果は、

となる。

+j について

簡単に言えば、-Dj/J で定めた位置に凡例のどこを置くか? という意味です。
これが実質 -Dj/Jを難しくしているように思えます。

  • -DJBR+jBR → 図の右下に凡例の右下を置く。

  • -DJBR+jBL → 図の右下に凡例の左下を置く。

+o について

オフセット位置を調整します。-Dj は左が正-DJ は右が正となります。
地味につまづきやすいので注意。

  • -DJBR+jBL+o1/0 → 図の右下から右に1cmの所に凡例の左下を置く。

  • -DjBR+jBR+o1/0 → 図の右下から左に1cmの所に凡例の左下を置く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました