HinetPyの使い方(抜粋)

GitHub - seisman/HinetPy: A Python package to request and process seismic waveform data from Hi-net.
A Python package to request and process seismic waveform data from Hi-net. - GitHub - seisman/HinetPy: A Python package to request and process seismic waveform ...

HinetPyとは神ツールです。
Hi-netやF-netのデータを簡単に取得することができます。

  • 本モジュールを使用した場合は以下の出典を行うことをおすすめします。

    Dongdong Tian, 2020 , HinetPy: A Python package to request and process seismic waveform data from Hi-net. , doi: 10.5281/zenodo.3885779

  • 防災科学技術研究所のデータを使用した場合は、出典を明示し謝辞を記すこと。

    本記事では国立研究開発法人防災科学技術研究所のHi-netデータを使用しました。記して感謝申し上げます。
    https://doi.org/10.17598/NIED.0003

なお、データ取得には防災科学技術研究所ユーザー登録が必要です。

NIED ユーザ登録

導入方法

#!/bin/bash
python3 -m pip install hinetpy

これだけです。簡単。

使い方(波形データを取得する)

※ コード内の「"username", "password"」はご自身で登録したユーザーネームとパスワードに置き換えてください。

HinetPy - A NIED Hi-net Client for seismologists — HinetPy 0.6.9+6.gd27f5a6 documentation

ここでは、高感度地震観測網 Hi-netの地震波データを取得してみます。

データを取得する観測点を設定する

まず、データを取得する観測点を設定します。
Hi-netのダウンロードページにて設定するか、HinetPy上で設定する方法があります。

Hi-netのダウンロードページにて設定する

地震観測網ログイン

HinetPy上で設定する

色々方法があります。

  1. 観測点名で指定する

    from HinetPy import Client, win32
    client = Client("username", "password")
    client.select_stations('0101', ['N.RBSH', 'N.KKKH'])
  2. 緯度と経度の範囲で設定する

    from HinetPy import Client, win32
    client = Client("username", "password")
    client.select_stations('0101', minlatitude=40, maxlatitude=50, minlongitude=140, maxlongitude=150)
  3. 任意の地点から半径○○kmの範囲内の観測点を採用する

    from HinetPy import Client, win32
    client = Client("username", "password")
    client.select_stations('0101', latitude=30, longitude=139, minradius=0, maxradius=2)

Hi-netの連続波形データを取得する

たとえば、2020年1月1日0:00から5分間の連続波形データを取得するには、

from HinetPy import Client, win32
client = Client("username", "password")
data, ctable = client.get_continuous_waveform("0101", "202001010000", 5)

とします。

これで実行ディレクトリに波形データとチャンネルデータが保存されているはずです。

使い方(検測値を取得する)

気象庁一元化処理検測値データを取得することができます。
2020年1月1日の気象庁一元化処理検測値データを取得するには、

from HinetPy import Client
client = Client("username", "password")
from datetime import date
startdate = date(2020, 1, 1)
client.get_arrivaltime(startdate, 1)

とします。

これを用いれば最新の気象庁一元化震源データを作成できます。

今回はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました