win32toolsのインストール

防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網

win32toolsとは国立研究開発法人防災科学技術研究所(防災科研)が提供する、win32形式の地震波データを加工するためのツールです。
動作にはUNIX OSが必要です。ここではUbuntuで説明します。

ツールを入手するためにはユーザ登録が必要です。

NIED ユーザ登録

インストール(通常の場合)

win32tools.tar.gz を解凍してmakeすれば完了です。

環境変数を通すことを忘れずに。

#!/bin/bash
echo 'PATH=$PATH:/usr/local/win32tools/bin' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc
sudo tar -zxvf win32tools.tar.gz
sudo rm win32tools.tar.gz
cd win32tools
sudo mkdir -p /usr/local/win32tools/bin
sudo sed -i -e 's/local\/bin/local\/win32tools\/bin/g' Makefile
ncpu=$(nproc)
sudo make -j${ncpu}
sudo make -j${ncpu} install

インストール(SACをインストールしている場合)

SACを使用する場合は以下の方法でインストールすることをおすすめします。

  1. win2sac_32 内の s4win2sacm.c の387行目を削除します。
    iRet = 1;の部分です。

  2. その後、上と同じように、

    #!/bin/bash
    echo 'PATH=$PATH:/usr/local/win32tools/bin' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    cd win32tools
    sudo mkdir -p /usr/local/win32tools/bin
    sudo sed -i -e 's/local\/bin/local\/win32tools\/bin/g' Makefile
    ncpu=$(nproc)
    sudo make -j${ncpu}
    sudo make -j${ncpu} install

    とすればOKです。

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました