GMT.jlのインストールと初歩的な使い方

GitHub - GenericMappingTools/GMT.jl: Generic Mapping Tools Library Wrapper for Julia
Generic Mapping Tools Library Wrapper for Julia. Contribute to GenericMappingTools/GMT.jl development by creating an account on GitHub.

GMT.jlとは

GMT.jlはGMTのjuliaラッパーです。
julia上でGMTを使えるようにするプログラム、と思っていただければ大丈夫です。

GMT.jlのインストール

GitHub - GenericMappingTools/GMT.jl: Generic Mapping Tools Library Wrapper for Julia
Generic Mapping Tools Library Wrapper for Julia. Contribute to GenericMappingTools/GMT.jl development by creating an account on GitHub.

ここを見れば一瞬ですが、つまずくと思うので環境構築から説明します。

個人的にはPyGMTの時と同じくAnaconda上で動かした方が良いです。

  1. Anaconda公式サイトからAnacondaをインストール

    Anaconda | Individual Edition
    Anaconda's open-source Individual Edition is the easiest way to perform Python/R data science and machine learning on a single machine.
  2. conda initNOにする場合は、.bashrc

    source ~/anaconda3/etc/profile.d/conda.sh

    を追記します。

  3. 仮想環境を作成します(ここでは便宜上、gmt_jlという名前の環境名とします。)

    conda create --name gmt_jl --channel=conda-forge julia gmt python=3.9
  4. 仮想環境を有効化します。

    conda activate gmt_jl
    julia
  5. julia上でGMT.jlをインストールします。

    ] add GMT

サンプル

Hello World

println("Hello World")

グラフの枠を描く

#!/bin/bash
gmt begin hogehoge png
    gmt basemap -JX12 -R0/100/0/100 -Bafg -BWSne
gmt end show

using GMT
basemap(J="X12", R="0/100/0/100",  B="afg WSne",  savefig="hoge.png", show=true)

となります。Bオプションの書き方がPyGMTとちょっと違いますね。

地図を描く

#!/bin/bash
gmt begin hogehoge png
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg
    gmt coast -Df -W0.25 -Glightgray -Slightcyan
gmt end

using GMT
basemap(J="M12", R="120/150/20/50",  B="afg")
coast!(D="f", W="0.25", G="lightgray", S="lightcyan", savefig="hoge.png")

となります。2つ以上のコマンドを重ねる場合はモジュール名の後に!を付けるそうです。
GMT5時代の-K -Oっぽいですね。

今回はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました