-X と -Yについて

色々と使える -X -Y オプションについて今回は説明します。

-X[a/c/r][オフセット位置] -Y[a/c/r][オフセット位置]
-Xa -Ya は原点を動かさない
-Xr -Yr は原点を動かす
acr を指定しないと -Xr -Yr と見なされる。

使用例

たとえば、以下の3枚の地図を横並びにして1枚の図として出力するとします。

#!/bin/bash
gmt begin
    gmt figure japan1 jpg
        gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt figure japan2 jpg
        gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
        gmt coast -Df -W0.25
    gmt figure japan3 jpg
        gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
        gmt coast -Df -W0.25
        gmt makecpt -Cgeo -T-8000/8000/200 -Z
        gmt grdcut @earth_relief_15s -R120/150/20/50 -Gdem.nc
        gmt grdgradient dem.nc -Ggrad.grd -A45 -Ne0.8
        gmt grdimage dem.nc -Igrad.grd -C
gmt end

この時に使うのが、-X -Y オプションです。

オフセット位置の指定

基本は -Xa・-Ya-Xr・-Yr を覚えれば大丈夫です。

Xa・Ya

-Xa・-Ya は原点を動かしません!紙面左下からの位置で全てを決めます。
すなわち、

#!/bin/bash
gmt begin japan jpg
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE -Xa17
    gmt coast -Df -W0.25 -Xa17
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE -Xa34
    gmt coast -Df -W0.25 -Xa34
    gmt makecpt -Cgeo -T-8000/8000/200 -Z
    gmt grdcut @earth_relief_15s -R120/150/20/50 -Gdem.nc
    gmt grdgradient dem.nc -Ggrad.grd -A45 -Ne0.8
    gmt grdimage dem.nc -Igrad.grd -C -Xa34
gmt end

となります。
この結果が、

となります。

Xr・Yr

-Xr・-Yr は原点を動かすので、相対的な位置を定めることになります。
r は省略しても構いません。

すなわち、

#!/bin/bash
gmt begin japan jpg
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE -X17
    gmt coast -Df -W0.25
    gmt basemap -JM12 -R120/150/20/50 -Bafg -BWSNE -X17
    gmt coast -Df -W0.25
    gmt makecpt -Cgeo -T-8000/8000/200 -Z
    gmt grdcut @earth_relief_15s -R120/150/20/50 -Gdem.nc
    gmt grdgradient dem.nc -Ggrad.grd -A45 -Ne0.8
    gmt grdimage dem.nc -Igrad.grd -C
gmt end

となります。何となく伝わりますか?

使い分け

圧倒的に -Xr・-Yrの方が使いやすいです!
ただ、1枚の図に複数のグラフや地図を載せる場合は、 -Xa・-Ya も考えた方がいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました