スポンサーリンク
スポンサーリンク

【野外調査地図】Pixel端末におけるデータの回収方法について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野外調査地図
android用アプリ 野外調査地図のホームページ
野外調査地図 - Google Play のアプリ
内蔵GPSを利用してトラックログ、ポイントを記録したり、地図、空中写真、地図タイル、WMS、GISデータ等を閲覧するアプリです。

これは備忘録のようなものです。
Pixel端末では上記のアプリのトラックデータを簡単に回収することができません。(少なくともPixel 8ではできない。)

かなり困っていたので、解決方法を記載します。
回収するためにはAndroidスマホのほか、PCも必要です。

ADBの導入

Android Debug Bridge(adb)  |  Android Studio  |  Android Developers
Android Debug Bridge は、デバイスと通信するための多用途コマンドライン ツールです。

回収するには、Android Debug Bridgeこと、ADBが必要になるので、上記URLからインストールしてください。

AndroidとPCをUSBで接続

USB デバッグの有効化
Android Debug Bridge (adb) 上で Android デバイスと通信するために USB デバッグを有効化します。

開発者オプションを有効にしていない方は、有効にしてください。ビルド番号を連打すれば有効になります。その後、USBデバッグを有効にします。

USBケーブルなどを用いて、AndroidとPCを接続します。

adbコマンド

Android ADBドライバのダウンロードと導入方法
大抵の機種はPCとUSB接続するとインストールを促してくるが、古いバージョンのものであることが多いので、公式サイトから最新版をダウンロードして導入することを勧める。 SONY・ソニー(Xperia) # ダウンロード 「Xperia Com...

もし、ドライバが入っていない場合は手動で入れる必要があります。

無事、ドライバが認識していたら、

adb devices

と入力し、デバイスが認識されていることを確認したのち、

adb connect <port>
adb -d shell

とすると、Androidの中に入れます。

データ回収

野外調査地図アプリのデータ格納先は、システムにより隠し表示されているので、

cd './sdcard/Android/data/jp.gr.java_conf.shimaneko.fieldstudymap'

と入力して、これでようやく野外調査地図アプリの中に入れます。
あとはexportフォルダやoutputフォルダをコピーすればよいだけです。

cp -r export ./../../
cp -r output ./../../

これでAndroidフォルダにコピーされるので、PC側からコピーできるようになります。

今回はここまで。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
はじめよう!GMT6

コメント

スポンサーリンク