gmt plot3dの使い方

plot3d3次元の図に記号や線をプロットする ためのモジュールです。
名前の通り、plotと使い方はほぼ同じです。

線を描く

gmt plot3d [座標ファイル] [-W【線の太さ】,【色】] [-L] [-G【色】] 【-p[方位角]/[仰角]/[基準]】
※ デフォルトは太さ0.25pの黒線。
※ 多角形を描く場合、-Lを付けることで線を閉じる

指定できる色の名前の一覧は下記参照。
gmtcolors — GMT 6.2.0 documentation

たとえば、(90, 90, 80) (40, 40, 10)を通る赤い直線は、

#!/bin/bash
gmt begin hogehoge jpg
    gmt basemap -JX12 -JZ12 -R0/100/0/100/0/100 -Bafg -Bzafg -BWSneZ -p220/20/0
    gmt plot3d -p -W1,red << END
90 90 80
40 40 10
END
gmt end

となり、

となる。

記号を描く

gmt plot3d [座標ファイル] -S[記号の種類][直径] [-W【輪郭の太さ】,【色】] [-G【塗りつぶす色】] [-C] 【-p[方位角]/[仰角]/[基準]】
※ カラーパレットを使用する際は -C を付ける。

また、plot3dのみ、立方体(-Su)が使用可能です。

たとえば、(90, 90, 80) (40, 40, 10)に赤い立方体を描くには、

#!/bin/bash
gmt begin hogehoge jpg
    gmt basemap -JX12 -JZ12 -R0/100/0/100/0/100 -Bafg -Bzafg -BWSneZ -p220/20/0
    gmt plot3d -Su0.5 -p -W0.25 -Gred << END
90 90 80
40 40 10
END
gmt end

この結果が、

となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました